ベリル

盲導犬にはなれなかったけど。

あの日の詳細

あの日。

あの川沿いを歩いていると「みーみー」と鳴く声が。

「ん?鳥~?」と思いながら近づくと「!」

 

…とっさに、見なかったことにした私。

「これ以上無理だから!」「さ、かえろー。かえろー♪」

(ココロが鬼デス)

なのにベリルが「ええっ!このまま帰っちゃうの?」って顔して私を見る。

「うそでしょー!帰るの-?」って「信じらんなーい」とまで。

…や。言ってないですが。それはそれはものすごい抵抗で…。

頑として動かない。

 

(今日のベリル 扇風機の前でのび)

f:id:beriru:20160624133438j:plain

 

この日、とーちゃんは朝から外出の予定。

この日に限って携帯電話を持ち歩いていた私…。

「もう出かけてるはず-」と、諦めるために自宅に電話すると

まだ居た(うっ)。拾わない理由がみあたらない…。

 

(こちらも今日のベリル ふふ^^)

f:id:beriru:20160624133554j:plain

 

迎えに来たとーちゃんを見てベリルは大喜び♪

でも、とーちゃんに体当たりして洋服を汚してものすごく怒られてる。

 

拾ってすぐ、車に乗ってから

「もしかして、親ネコが近くにいたのかも?」って

気がついて、後悔の気持ちも…。

家に到着するとベリルはデッキでゲロ吐いてるし。(ええっ)

すぐまた、それ食べてるし。(うお)

 

なんか間違えてる?…頭の中ぐるぐるでした。

 

親ネコと離してしまったとしたら、それがとても心配でしたが

川に捨てる人がよくいるそうで…

「上流で流す人がいてね。河川工事がされていない所から

ネコがぞろぞろあがってくるのよ~。」って。そんな話しも聞きました。

(頭の中は楳図かずおワールド)

川周辺に捨てる人が多いのでしょうか…。

 

子猫は例のごとくノミ取りだけして経過観察。一月半後に健康診断です。

 

(こちらも今日のベリル)

f:id:beriru:20160624134013j:plain

 

ひとりぽつんと草むらにとりのこされていたこの子。

今はただ元気になってくれることを願うばかり。

そんなこんなな出来事でした。